岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃で
お墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社

岐阜県 多治見 土岐 瑞浪 東濃でお墓を建てるなら石政佐藤石材有限会社 まごころを刻む石屋 石政佐藤石材有限会社

文字の大きさ

電話受付時間9:00~18:00 年中無休 フリーダイヤル0120-25-2617

2019年 2月号 第110回「般若心経の話二十一」

心の中に「損得勘定」というフィルターをかけて考えることで苦しみが生まれて来るのです。

「心無罣疑無罣疑故無有恐怖」 この部分は二つに分けてみると分かりやすいです。 前半の部分「心無罣疑無罣疑故」は心に罣疑無し、罣疑無きが故に、と読めます。罣疑とは、さえぎるもの、邪魔をするものなので、心をさえぎるもの=自己欲と考えます。 そしてその後に「無有恐怖」と続きますから、全体では自己欲を無くすと怖いものが無くなる。という意味になります。 私たちは何かを考えたり何かをする時に、まず自分のことを優先して、相手のことは二の次になってしまいます。心の中に「損得勘定」というフィルターをかけて考えることで苦しみが生まれて来るのです。 自分が傷つくのが怖い、大切なものを失うのが怖いなどの「怖さ」や「苦しみ」の元は何でしょうか。突き詰めて考えると、今の自分が変化するのが怖い。という感覚でしょう。 自己欲=自分本位の損得勘定という余計なフィルターをかける事により心が窮屈になる。そのフィルターを外して、今あるべき自分を務めていれば、怖いものは何もなくなるでしょう。

  • 無有恐怖:むうくふ
  • 罣疑:けげ
  • 罣疑無:けげな
  • 心無罣疑無罣疑故:しんむけげむけげこ
  • 心無罣疑無罣疑故無有恐怖:しんむけげむけげこむうくふ